記事詳細

【モテる体をつくる】自分の「基礎代謝量」を知ろう! 最近太りやすくなった…維持・向上に重要な「筋肉量」 (1/2ページ)

 今週は「自分の基礎代謝量を知ろう」というお話です。最近は体重計にもたくさんの種類があり、中には今回のテーマである基礎代謝量を測定できる体重計もあります。

 「うちの体重計では基礎代謝量は測れないよ」という人もいるでしょうが、「安心してください! 計算できますから」。

 ということで、今回と次回の記事を最後まで読んでいただければ、ご自身の基礎代謝量が最後には分かりますので、ぜひ熟読してください。

 実際の計算方法に入る前に、まずは基礎代謝量とは何なのか、なぜ大事なのか、という点について解説します。

 基礎代謝量とは「安静状態でも呼吸、心臓の動き、体温維持などの生命活動を維持するために消費される、必要最低限のエネルギー代謝量」です。

 つまり、1日何もしない状態で基礎代謝量以上のカロリーを摂取してしまえば、必ず太るという一つの目安になります。

 基礎代謝量の大きな特徴のひとつは、10代をピークに加齢とともに低下していくということです。若い頃と同じ生活をしているのに最近太りやすくなったな、と感じているなら、それはまさに基礎代謝量の低下によるものと考えられます。

 では、年齢的な理由で落ちてしまうこの基礎代謝量をどうしたら維持・向上できるのか。ここで重要になってくるのが筋肉量です。基礎代謝におけるエネルギーの多くは筋肉で消費されるからです。

関連ニュース