記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】「口元の身だしなみ」は食事で改善できる! キャベツ、キューリ、枝豆…「湿熱」を取り除く抗炎症食品 (2/2ページ)

 ■漢方医学で考える口元のトラブル

 漢方医学では、食べ物が体に与える炎症を「湿熱(しつねつ)」といいます。糖質や脂質に偏った食事をして、食物繊維が不足しているときに、たまっていくものです。 この湿熱は口臭となり、口角炎、口内炎、ヘルペス、ニキビなどの原因ともなります。そのため、口元のトラブルが起きたときは、栄養バランスが乱れている合図と考え対策を立てる必要があります。口元の状態は、体調を整えるためのバロメーターにもなるものです。口元に自信がない人は、見た目だけではなく健康にも影響を与えないように早期に改善していきましょう。

 ■改善するために良い食材

 食材は、「湿熱」を取り除く抗炎症食品を選びましょう。キャベツ、ゴーヤ、セロリ、キューリ、枝豆、ブロッコリー、パクチー、ミョウガ、ルッコラなどが該当します。ランチであれば、添え物の千切りキャベツまでしっかり食べます。飲み会や夕飯では、枝豆、野菜スティック、ゴーヤチャンプルを注文、冷ややっこにはミョウガなどの薬味をのせて食べましょう。これらは家庭やコンビニ食、それに外食でも比較的簡単に取り入れることができます。 

 口元に自信がない方はぜひ試してみてくださいね。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、発売1カ月で7万部超のベストセラーに。

関連ニュース