記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】国内有数の「循環器」と「呼吸器」の専門家 梅屋敷内科クリニック院長・辻川雄さん

 京急梅屋敷駅から徒歩5分。活気ある商店街から一歩入った閑静な住宅地に昨年オープンした「梅屋敷内科クリニック」(東京都大田区)は、循環器、呼吸器、消化器を柱に、広範囲な初期診療に対応する地域密着型診療所。

 院長の辻川雄医師は、元は循環器内科として大阪で医師デビュー。その後開業を見越して呼吸器の勉強するため東京に移ってきた。

 「それまで専門としていた心臓を診るとき、隣にある肺の存在がどうしても気になっていたんです。それで肺を勉強してみてわかったことが、心臓を診るときは心臓の気持ち、肺を診るときは 肺の気持ちを持つことの大切さでした。これは両方の臓器を勉強して初めてわかることなんです」

 辻川医師の医学的探究心はそれだけにとどまらない。現在は近隣の総合病院に出向いて上部内視鏡(胃カメラ)検査の技術を習得。これにより初期診療医に求められる「広く浅く診る技術」を「広く厚く診る技術」に進化させたのだ。

 開業にあたって、電子カルテをはじめとする院内の医療環境の大半を、自分の手で整備した。

 「自分自身が納得できる医療空間で患者さんをお迎えしたかった。そこが一番のこだわりでした」と笑う辻川医師の夢は、将来この蒲田に医療モールを作ることだ。

 「高齢化に合わせて、いろいろな病気、多様な症状を持つ患者さんにとって便利な医療施設を併せ持つモールを作りたいんです。私が生まれ育った大阪・堺とここ蒲田は、同じ下町で雰囲気が似ている。それだけに、この町で地域貢献したいという気持ちが強いんです」

 現在国内で、循環器と呼吸器の専門医資格をあわせ持つ医師は10人ほどしかいない。その貴重な一人である辻川医師にかかる地域の期待は大きい。(長田昭二)

 ■辻川雄(つじかわ・ゆう) 1974年大阪府泉大津市生まれ。近畿大学医学部卒業後、日本赤十字社和歌山医療センター循環器内科に勤務。その後、大森赤十字病院呼吸器内科を経て、2018年7月から現職。日本内科学会総合内科専門医・認定内科医。日本循環器学会認定循環器専門医。日本呼吸器学会認定呼吸器専門医他。趣味は筋トレとゴルフ。

関連ニュース