記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】毒素溜め込まず「不摂生」を整える カブの味噌汁、キャベツのサラダなどおすすめ (2/2ページ)

 ■不摂生の体から負担を減らす食材

 「痰湿」「湿熱」を取り除くためには、消化器系を助ける「消化補助食材」と「整腸食品」がおすすめです。健康につながる食材だけを適切に食べることは大切なのですが、スナック菓子のようなジャンクな飲食物をやめられない人は、体への負担を軽減し排泄につながる食材を意識してとるようにしましょう。「消化補助食材」としては、キャベツ、大根、カブ、昆布、梅干し、ワカメ、オクラなどがあります。「整腸食品」は、納豆、ゴボウ、切り干し大根、キムチ、ぬか漬け、味噌、アボカド、玄米、バナナなどがあります。

 朝食、コンビニ食や外食にも、すぐに取り入れやすい食材ですよね。特に小鉢が充実している定食屋さんには揃っているメニューだと思います。

 カブの味噌汁、納豆玄米ごはん、キャベツのサラダ、ワカメの酢の物、ご飯のお供にぬか漬けや梅干しやキムチなどとりいれ、毒素を溜め込まない体づくりをしていきましょう。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売1カ月で、7万部超のベストセラーに。

関連ニュース