記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】「仕事の効率が上がる」昼食の選び方 間食に甘いものはNG (2/2ページ)

 ◆仕事の効率を上げるための食材

 まとめると、頭の働きを良くするには「血」を補う食材を意識的にとり、食べる量と糖質の取り方に気をつけることが大切です。特に昼食後に眠くなる人は、昼食での糖質の過剰摂取を控え、「血」を補う食材を腹八分目に食べることが仕事の効率を上げるポイントです。

 「血」を補う栄養素には、タンパク質、鉄分、ビタミンB群があり、食材としては、卵、納豆、豚肉、牡蠣、レバー、サバ、イワシ、サンマなどがあります。昼食には、カキフライ定食、豚汁定食、焼き魚定食、豚のショウガ焼き定食などを選びましょう。また、納豆や生卵などのタンパク質をトッピングし、お米は「少なめ」を注文、満腹にならないように気をつけましょう。それが、午後の集中力を維持する秘訣です。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売1カ月で、7万部超のベストセラーに。

関連ニュース