記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】肝胆膵外科の“名医”は解剖図の作画もプロ級! 杏林大学医学部肝胆膵外科教授・診療科長の阪本良弘さん

 幕内雅敏・日赤医療センター元院長、國土典宏・国立国際医療研究センター理事長、小菅智男・国立がん研究センター中央病院元副院長、山本順司・防衛医科大学前教授ら、日本を代表する肝胆膵(肝臓・胆道・膵臓)外科の名医たちの薫陶を受けたブラックジャックが、東京・武蔵野にいる。昨年から杏林大学医学部肝胆膵外科教授を務める阪本良弘医師だ。

 師匠たちの系統を継ぎ、「出血と合併症の少ない、丁寧な肝胆膵手術」をテーマに症例を重ねてきた阪本医師は、術後に、自身や若手医師に課していることがある。

 「手術記録を、誰でもひと目で理解できるようなきれいなイラスト入りで残すのです。患者への説明や若い医師や学生の教育に役立つのですが、手術の翌日までに描かないと頭から残像が消えていく。長時間を要することもありますが、手術を大切にする習慣の一貫です」

 肝膵同時切除や血管合併切除再建などリスクの高い手術も豊富な知識と実績を武器に、安全に執刀している。

 現代の肝胆膵のがん治療は外科だけで完結するものばかりではない。術前術後の化学療法を効果的に行うことで、治療成績を高めることがある。

 「この病院は腫瘍内科や消化器内科、血管内治療や病理にも非常に優秀な医師がそろっているので、われわれ外科医にとって恵まれた環境なんです」

 先端的な取り組みにも力を入れる。肝臓を二度に分けて切除する「ALPPS」という術式がヨーロッパで台頭している。これは肝臓の再生を早める特徴があるが、合併症のリスクも高い。

 そこで阪本医師は、これを改良した「Partial TIEP ALLPS」を開発。効果と安全性を兼ね備えた治療法として医学雑誌にも掲載されるなど、注目を集めている。

 「高度と最新」「安全と慎重」を絶妙のバランス感覚で臨床に取り入れていく阪本医師。その新たな挑戦が始まる。(長田昭二)

 ■阪本良弘(さかもと・よしひろ) 1967年生まれ。92年、東京大学医学部卒業。国保旭中央病院外科医員を経て95年、東大医学部第二外科医員。その後、国保旭中央病院外科医長、癌研附属病院(現・がん研有明病院)消化器外科、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院肝胆膵外科医長、東大医学部肝胆膵外科・人工臓器移植外科准教授等を経て、2018年から現職。日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技術指導医、消化器がん外科治療認定医。医学博士。趣味は将棋観戦。

関連ニュース