記事詳細

【おやじ酒場】「肉厚やきとん」のびっくり値段…キンミヤ焼酎で割る「シャリ金ホッピー」で乾杯! 東京メトロ丸ノ内線・四谷三丁目駅「肉匠酒場 丸信」 (1/2ページ)

 四谷周辺はアニメ映画「君の名は。」のモデルになった場所が点在。怪談の定番「東海道四谷怪談」のお岩を祭る四谷於岩稲荷神社や、お岩の観音像もひっそりとたたずむみ、花街・三業地として栄えた荒木町も近い。アニメの聖地巡礼を済ませた呑兵衛はチョイと骨休み。

 四谷三丁目駅の4番出入口前は新宿通り。四谷駅に向かってテクテク。2つ目の小路を入ると杉大門通りの商店街で外苑東通りに続く。ここは商店街というよりも個性的な飲食店が集まり、夜が元気な隠家的な繁華街だ。

 通りを少し入ると、白い大きな看板に赤提灯。思わず暖簾(のれん)をくぐってしまう。店内の左側には長いテーブル、30人以上は座れそう。手前にも小テーブル。奥は厨房(ちゅうぼう)沿いにカウンター席。焼き台の前の止まり木を陣取った。1杯目の「生ビール」(420円)もいいけれど、冷えたグラス、冷えたホッピーで凍らせたキンミヤ焼酎で割る「シャリ金ホッピー」(白・黒480円)で喉を潤しましょう。

 まだ外は明るく口開けだというのにご常連らしきホロ酔いのご同輩がちらほら。看板は12種類の「やきとん」(90円~)。シロ、テッポーをタレ、豚バラ、ハラミ、かしらを塩でいただく。肉厚でびっくりする安さの秘密は「厳選した業者さんから仕入れ、その業者さんの厚意もあって実現しました」と店長の高村清人さん。もも、砂肝、手羽先など「やきとり」も120円~。

 この地で創業して9年目。高村さんはサラリーマンなどを経て食の世界に。「お客さまの喜んでいただく顔が見たいんです」と笑顔で話す。

関連ニュース