記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】秋はアレルギー症状が増える時期! 貝類で「肺」と「腎」を強化しよう (2/2ページ)

 防御反応や粘膜、肌が弱い状態を「肺」が弱い-と表現します。風邪をすぐにうつされてしまう虚弱体質は「腎」が弱いといいます。この時期の不調に毎年悩まされる人は、「肺」と「腎」をサポートし、体を潤す食薬習慣を取り入れてみましょう。

 すでに今の時期に体調を崩している人は、これからの年末年始の忙しさにも弱く、インフルエンザなどでもその都度ダウンすることが考えられます。今から体を強化するため、食事で整えていきましょう。

 ■風邪に負けず冬に克つための食材

 まず、肌が乾燥したり炎症している時には、唐辛子など刺激の強いものは控えた方がよいでしょう。この理屈は分かっていても、寒いとつい味の濃い、はっきりした食べ物が食べたくなるものです。外食の味付けなどもそうした傾向があるので、食べ物による刺激には最新の注意を払いましょう。

 「肺」と「腎」を強化する食材は、牡蠣、しじみ、あさり、はまぐり、赤貝、つぶ貝、ホタテなどの貝類です。みそ汁の具など家庭で摂りやすいもの、お酒のつまみや外食先でチョイスしやすいもの、さまざまな形で貝類を摂取しましょう。

 ちょっと奮発して寿司店に出かけるときのネタも、旬の貝類を刺し身にしてもらったり、多めに握ってもらうのは、いかがでしょうか。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、発売1カ月で7万部超のベストセラーに。

関連ニュース