記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】甘い+しょっぱいの“無限ループ”に注意! 食べ過ぎの原因「湿熱」を取り除くウーロン茶 (1/2ページ)

 朝、晩は冷え込んできました。体を動かすと気持ちのよい季節。運動不足の人でも体を動かすと心地よさを感じられるのがスポーツの秋です。一方で実り多く食事のおいしい食欲の秋でもあり、体に余分な肉がつき始めた人は、必然的に運動をしなければならない秋となるでしょう。この時期の食生活は、食欲を自制するためにも、運動の効率をあげるためにも中身が重要です。秋を快適に楽しむための食薬習慣を紹介します。

 ■食いしん坊の最強の難敵

 甘いものと塩気のあるものを交互に食べる誘惑があります。スナック菓子なら永遠に食べ続けられるのではと錯覚するほど。甘味と塩味の組み合わせは食いしん坊にとって最強の難敵といえます。この無限ループから抜け出すには、固い意志が必要です。

 というのも、甘味と塩味を感じる神経は別々に存在し、交互に脳を刺激することで食欲をかき立ててしまうのです。

 味覚には甘い、しょっぱい以外にも、酸っぱい、苦いなどがあります。旺盛な食欲を抑えるためには、さまざまな味覚を組み合わせて食べることです。つい食べすぎてしまう食欲の秋には、バリエーションに富んだ味覚を取り入れて食事を楽しんでみましょう。

関連ニュース