記事詳細

【人生100年時代 これから、どうする】「リバースモゲージ」と「リースバック」の違い (2/2ページ)

 さらに、リースバックと異なり資金の使い道は金融機関の認めるものに限られるが、金融機関や商品によって自由度は異なるらしいから、比較検討をじっくりしてから契約すべきだろう。いずれにしても、シニア向けの商品やサービスは、業者選びは非常に重要であることはいうまでもない。

 老人ホーム、補聴器、相続や家族信託などの手続き代行など、インターネットで検索をすればたくさんの業者が出てくるが、「どれを選んだらいいのか?」「どこが信頼できるのか?」という声を聞くことが多い。本当に玉石混交なので注意してほしい。選択を間違えて後悔しているケースも多々あるからだ。

 ■老後のお金や相続…「オヤノコト」相談員がアドバイス

 老後のお金や老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの選び方、相続などについて、読者からの相談を個別に受け付けます。「オヤノコト」相談員がアドバイスします。

 相談料は5000円。ご希望の日時に都内会議室で相談員との面談を設定します。相談したい方は、夕刊フジ編集局「オヤノコト」相談係(ファクス03・3231・2670またはメールoyanokoto@fujinews.com)までご連絡ください。

 ■大澤尚宏(おおさわ・たかひろ) オヤノコトネット(www.oyanokoto.net)代表取締役。1995年に日本初の本格的バリアフリー生活情報誌を創刊。2008年、「そろそろ親のこと」をキーワードにオヤノコトネットを創業し、「高齢期の親と家族」に関わるセミナー講師や企業のマーケティングアドバイザーとして活躍している。近著は『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)。

関連ニュース