記事詳細

【寺社と甘味処】七福神めぐり…全国でも珍しい宝船の巡拝所「十番稲荷神社」 最高級の丹波黒豆を使ったお菓子とお茶の店「しろいくろ」

 十番稲荷神社(03・3583・6250、港区麻布十番1の4の6)は、もと近隣にあった末広神社(慶長年間創建)および竹長稲荷神社(和銅年間創建)だった。1945(昭和20)年に空襲により焼失し、戦後に現在地へ移転・合併して御社名を改称した。

 七福神めぐりでは全国でも珍しい宝船の巡拝所となっている。境内には、宝船の石像や火災から屋敷を守ったとされる“かえる”にちなんだ石像がある。

 写真の御朱印の初穂料は500円。左上に干支の判子が押される。

 しろいくろ(03・3454・7225、港区麻布十番2の8の1)は、最高級の丹波黒豆を使ったお菓子とお茶の店。店名には反対の二面性を調和させたときにできる味や、偏らないところにあるバランスを大事にするという意味が込められている。

 イチオシは「ロールケーキ」(1本1728円、1個各410円、店内各418円)。『しろ』は、レモンの酸味が隠し味。真っ白な生地と、塩気をきかせた特製の黒豆生クリームがたっぷり。塩気で甘さを引き出した黒豆は、ほくほくでまるで栗のよう。

 『くろ』は、竹炭とブラックココア風味をつけたスモーキーな黒い生地に、塩黒豆と相性のよいオリジナルのチーズクリームをたっぷり包んださわやかなロールケーキ。酸味のあるアカスグリがアクセントに。

 ■東京メトロ南北線ほか麻布十番駅から徒歩約7分。営業10~18。不定休。

関連ニュース