記事詳細

ドラえもん、23年ぶりに新刊発売 人気過ぎて取られた“異例の措置”とは?

 小学館は11月27日、漫画『ドラえもん』の新刊を発売した。「てんとう虫コミックス」としては、1996年に発売した45巻以来、23年ぶりの新刊。発売前から予約が殺到し、異例となる措置も取られている。

 発売したのは「0巻」。小学館の雑誌でドラえもんの連載がスタートした1970年から50周年を迎えることを記念して発売した。ドラえもんは『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』などの雑誌で連載が開始し、それぞれの対象読者別に6種類の第1話が存在する。

 コミックスとして発売した1巻には、「小学四年生」に収録されたものをベースにした第1話が収録されていた。今回発売する0巻では、6種類の第1話を、掲載当時の状態ほぼそのままで収録した。また、連載開始となる号の前号に掲載された予告ページも収録しているという。

 0巻の発売を発表したのは11月8日。以降、インターネットを中心に話題が沸騰し、書店での予約が殺到。11月14日に重版したが、5日後の19日に2回目の重版を行った。小学館のコミックスで発売前に重版を2回行うのは“異例の措置”で、今世紀初だという。

 編集担当者は「企画の段階からドラえもんファンの方に喜んでいただけるのでは……という手応えは感じていましたが、それをはるかに上回る大反響にびっくりしています! のび太くんがドラえもんとはじめて出会った瞬間に、あらためてファンのみなさんとともに立ち会うような気持ちです。この機会にこれからも、もっともっと多くの方に、ドラえもんと出会っていただけたらうれしいです!」とコメントしている。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース