記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】俳優・梅宮辰夫、命のバトンを娘へプレゼント 父の老いと逃げずに向き合ったアンナの努力にも拍手 (1/2ページ)

 「骨だけがバラバラになって出てきた。悲しかった。人間ってこんなに簡単なものなのか…」

 盟友・松方弘樹さんが亡くなった際、声を震わせてそう語った姿が今でも焼き付いています。

 あれから約3年。12月12日、俳優・梅宮辰夫さんが旅立ちました。享年81。死因は慢性腎不全。発表では、神奈川の病院で死亡とのことですが、実際は真鶴のご自宅で朝、静かに息を引き取られたようですね。そこから病院に運ばれて死亡確認となったのでしょう。

 死の前日まで透析を受けており、その病院から自宅へ帰る車中、海を眺めて「天気がいいなあ。釣りがしてえ」と話していたとか。今、あの世で松方さんと久しぶりに並んで釣り糸を垂らしているのでは。

 梅宮さんは今年1月に、自身6度目のがんとなる尿管がんの手術を受け、その後、慢性腎不全と診断。2月から人工透析になりました。慢性腎不全とは腎機能が徐々に低下した状態。透析治療で延命をしても、いつか限界が訪れます。

 訃報には、壮絶死のような見出しも散見されますが、直前までおしゃべりができて、大好きな海の見える家での旅立ちですから、見事な平穏死でしょう。

 それを支えたのが、娘のアンナさん(47)の存在。お父様が旅立ったその翌日、アンナさんはブログにこう綴っています。

 「家族皆んなで、日々最善を尽くす日々でした。父の変わりゆく姿に何度も泣いた」

 頼もしかった父・辰夫さんの老いと逃げずに向き合われた、アンナさんの努力に拍手をしたい。

関連ニュース