記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】ビタミン剤との併用に落とし穴! サプリとクスリの危険な飲み合わせ

 前回は危険性が認められるサプリとクスリの飲み合わせについてお話ししましたが、今回はサプリとクスリの飲み合わせをいくつか補足させていただきます。

 ビタミンCと狭心症薬の「ニカルジピン」を同時に服用すると、ビタミンCの吸収が減ることがあります。また、ビタミンCには「アスピリン」の排泄(はいせつ)を減少させる働きがありますから、ビタミンCと「バイアスピリン」は併用しない方がいいでしょう。

 ビタミンDと「ヒドロクロロチアジド」や「インダパミド」といった利尿剤にはカルシウムを増加させる効果があります。そのため両者を一緒に飲むと、体内のカルシウムが過剰になり、腎障害や不整脈が起きる可能性があります。

 ビタミンEと睡眠薬の「トリアゾラム」を一緒に飲むと、睡眠薬の効果が減少します。また、ビタミンEと高脂血症薬の「アトルバスタチン」や「プラバスタチン」を併用すると、高脂血症薬の効果が弱まることがあります。

 カルシウムには骨粗鬆薬の「アレンドロン」や「エチドロン」の吸収を抑える働きがあるので、両者を同時に飲むと骨粗鬆薬の効果が減少する可能性があります。マグネシウムには強心薬の「ジゴキシン」の作用を弱める作用があるので、両者を一緒に飲まない方がいいでしょう。

 ウコンと抗リウマチ剤の「サラゾスルファピリジン」を併用すると、「サラゾスルファピリジン」の吸収が増えることがあるので注意した方がいいでしょう。また、ウコンには血糖値を下げる作用があるので、糖尿病治療薬の「インスリン」や「ピオグリタゾン」を併用すると、低血糖になる可能性があります。

 こうしたサプリとクスリの飲み合わせに関するリスクを考えますと、何らかのクスリを毎日服用している患者さんは、サプリを飲みはじめるときには、かならず医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

関連ニュース