記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】気が滅入ってしまうときの夕飯におすすめ! 「腎」の働きを助け「血」を補う鍋料理 (2/2ページ)

 ■漢方医学で考える正月うつ

 冬場の気持ちの落ち込みは、「腎虚(じんきょ)」と言います。そして、季節にかかわらず精神的に不調を感じる状況を「血虚(けっきょ)」と言います。

 年末年始の環境要因は「腎」を弱らせ、栄養が偏った食事は「血」の不足させる可能性があります。そして、「腎」の働きを高める方法は、良質の睡眠をとることです。新年から気分が晴れない人は、一度寝具の見直しをしてみるのもオススメです。「腎」の働きを助け、「血」を補う食事があるので紹介していきます。

 ■食べると体に良い食材

 この時期、もっとも体に良いのは鍋料理です。「腎」の働きを助け、「血」を補うからです。寒い時期と言えばお鍋ですよね。体も温まるし、休暇中に食物繊維が不足して体の中が汚れている人にはデトックス効果も期待できます。

 具材ですが、「腎」の働きを助けるビタミンDを多く含むきのこ類がおすすめです。また、「血」を補い必須アミノ酸を含む動物性のタンパク質である卵や豚肉、鶏肉、牛肉、お魚などがオススメです。

 正月から気が落ち込みがちな人は、具だくさんのお鍋で体も心も温めて翌日に備えましょう。単身の方にも、手っ取り早く栄養素が採れる1人鍋がおすすめです。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、発売1カ月で7万部超のベストセラーに。

関連ニュース