記事詳細

【外食・コンビニ健康法】水分&食物繊維の摂取に「強い味方」 UHA味覚糖「プロドレダイエット」 (1/2ページ)

 冬の時期は便通が悪くなるというご相談をよく聞きます。この理由として考えられることは、(1)野菜(食物繊維)不足(2)水分不足-があります。

 夏は冷たいサラダがおいしいと感じますが、気温が低くなる冬はカラダを冷やしてしまうこともあり、メニューを選ばなくなりがちです。また、冬になると葉物野菜が減り、緑黄色野菜の値段が高騰することで購入機会が減ることも要因のひとつです。野菜は水分を多く含む食材であるため、野菜不足は水分摂取を減らす原因ともなります。また、気温が低いと喉の渇きを感じづらくなることも、飲料などからの水分不足の原因となっており、冬こそ野菜摂取の意識が必要です。

 野菜を食べるためのすごいドレッシングを発見しました。UHA味覚糖『プロドレダイエット』(たまねぎとごま、それぞれナチュラルローソンで税込み734円で購入)です。

 このドレッシングは、「低糖質・高たんぱく質・無脂肪」という、かなり変わったコンセプトをもっています。特に注目はたんぱく質の含有量です。サラダ1食分に使うドレッシング20ミリリットルあたり、たんぱく質が10グラム含まれます。この量をササミで換算すると1本分、卵でいえば1個半に相当する量です。肉など脂質の多い食材に頼らず、高タンパク質な食事を摂ることができるわけです。

 また、塩分量は、0・7グラム(20ミリリットル当たり)。これは、しょう油の塩分量の10分の1に当たります。つまりは、脂肪や塩分を摂取せずに、野菜の食物繊維とドレッシングのたんぱく質が摂れるわけです。

関連ニュース