記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】風邪から身を守ろう! ネギで「免疫力」を高め、根菜で「気」補う (1/2ページ)

 週も半ばを過ぎ、ようやく今年のペースもつかめてきたでしょうか。新しいカレンダーを眺めると日常に戻ったことを実感しますよね。今年も充実した1年になるように、抱負を考えたり、目標に向かって計画を立てたりとモチベーションが上がっている人も多いと思います。

 …ですが、そんな矢先に流行し始めた風邪やインフルエンザに感染してしまうこともあるかもしれません。寒いシーズンには決まって風邪をひいてしまう体質の人は多いものです。できれば、新年のモチベーションを保ったまま、風邪を寄せ付けないで軽快なスタートをきりたいですよね。そこで、今回は風邪に負けない食薬習慣を紹介していきます。

 ◆にんにく、ニラも効果的

 日本には古くから風邪のときにはネギを食べる習慣があります。経験則で分かっていたのだと思いますが、実際、ネギは免疫を強化してくれる食材です。

 長ネギ、にんにく、ニラ、タマネギなどネギの仲間には、硫化アリルという成分が含まれています。この成分は、体内でアリシンという物質に変化し、免疫力を高める働きをします。

 加えて、代謝を上げ疲労を取り除いたり、体力をつけたりするために必要なビタミンB1やビタミンB2の吸収を促してくれます。

 子供の頃から風邪と言えばネギだった記憶のある方は、ぜひ思い出して食生活に取り入れてください。

関連ニュース