記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】風邪から身を守ろう! ネギで「免疫力」を高め、根菜で「気」補う (2/2ページ)

 ◆漢方医学で考える免疫の低下

 免疫が低下し、風邪をひきやすい状況を漢方医学では、「気虚(ききょ)」と言います。

 気の不足は、免疫を低下させるだけではなく、代謝が低下することで太りやすく疲れやすく冷えやすい体質へと進行していきます。「気」が不足すると何一つ良いことはありません。改善するための食事を紹介していきます。

 ◆ご飯のお供にチョイス

 体を温め、粘膜を強化し、免疫を強化する「気」を補うためには、根菜類がおすすめです。

 根菜類は全般的に体を温めたり、ビタミンCを多く含むため、寒気が襲い、免疫が低下しやすい時期に意識して取り入れていきましょう。

 粘膜を強化するビタミンAを多く含むのはニンジン。白血球の働きを強化するビタミンCを多く含むのはジャガイモ、レンコン、大根。強い殺菌作用があるのがショウガ。ミネラルや消化酵素を多く含み体力をつけるものには山芋などがあります。

 体調に自信がないときは、ネギをはじめとした薬味を積極的に体に取り入れ、根菜を使った煮物などをご飯のお供にチョイスしてみてくださいね。

 そして、食事も大切ですが、日頃から体を動かし、深い呼吸をして、体の芯からお風呂で温め、ぐっすり眠ることも忘れないようにしましょう。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ、秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ 心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、発売1カ月で7万部超のベストセラーに。

関連ニュース