記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】麺とスープに集中“素ラーメン”2軒! 「らぁ麺やまぐち」と「都電テーブル」 (1/2ページ)

 まずは西早稲田の「らぁ麺やまぐち」。もちろん何度も食べている店だが「かけそば」は今回が初めて。具がなくなることにより、印象がどう変わるのか? そもそもなぜ、このメニューを置いてるのか? なんて考えながらラーメンを待っていたら隣のサラリーマン風の人は「かけそば味玉入り」を頼んでいた。

 むむ、そういうニーズもあるのか? 私はチャーシューやネギは付けたい派だし、「丼一杯のフルコース」などと言ってチャーシューを食べるタイミング、メンマを箸休めで食べたり、具があってこその「ラーメン」だと思っている。

 しかし、しかしである。何度か食べているお店でこういう経験も良いのではないか。ましてやお店がそれをメニューとして出しているのなら一度は食べておきたい。

 そして登場した「かけそば」。お店の基本メニューを知っているだけに試食するような気分だ。でもあえて、具無しで食べると確かに「麺とスープ」に集中して食べることになる。こだわりと自信がないとできないメニューだ。

 島根の森田醤油、自家製鶏油、麺屋棣鄂(ていがく)のやや平打ちになった麺(国産小麦使用)、会津地鶏の丸鶏・吉備黄金鶏と伊達鶏のガラを炊いたスープ、どれも凄味を感じる。

 トッピングの余計な味が混ざることなく、ダイレクトに味わうことができるのでキレ味鋭く、厚みを感じる。「麺の一本、スープの一滴たりとも残したくない」、そんな気持ちで丼を持ち上げてスープを啜りきった。おいし~。

関連ニュース