記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】首都圏で話題「生姜醤油ラーメン」を要チェック! 「長岡食堂」と「しょうがの湯」 (1/2ページ)

 新潟には五大ご当地ラーメンが存在する。新潟市のあっさり醤油ラーメン、新潟市(巻町)の濃厚味噌ラーメン、三条市のカレーラーメン、燕市の背脂煮干ラーメン、長岡市の生姜(しょうが)醤油ラーメンの五つである。

 その中の「生姜醤油ラーメン」が首都圏で話題になっている。大手がその味のブランドを新規展開したのだ。

 2019年12月12日にオープンしたのは「長岡食堂」(町田)。「町田商店」「ラーメン豚山」を展開する株式会社ギフトの運営。18年10月マザーズに上場した会社。こういう会社が「長岡生姜醤油」に目を付けるとは驚きである。

 長岡の生姜醤油で一番有名なのは「青島食堂」だ。秋葉原にも支店があり、大行列の人気店だ。新潟出身の店主が都内で手掛ける「我武者羅」(幡ヶ谷・代々木)も都内では目立っている。私が食べたのは全部で10軒ちょっとくらい。こちらのスープは豚ガラ・豚足・豚背脂に鶏ガラ、さらに腕肉。

 お店は清湯スープと言っているが少し濁っている。タレは醤油にシイタケ・昆布など。やんばる黒糖を使っているようなのでこの甘味が独特。麺は自家製(四之宮商店)つるもち中細麺。チャーシューはスープで煮込んだ腕肉。具はチャーシュー、メンマ、青菜、ノリ、なると、きざみねぎ。

 主なメニューは、醤油ラーメン、塩ラーメン、チャーシューメン、など。麺の固さや味の濃さ、油の量などを選べる。「追いしょうが」(生姜の無料追加)が別皿で出てくるのがうれしい。最初に味を確認し、思った以上に生姜が効いていたが生姜大好きなので生姜味濃いめで楽しんだ。

関連ニュース