記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】心と体を癒やす高濃度炭酸泉 中目黒「光明泉」

 中目黒にある親子3代で継承する銭湯。2014年3月に全面リニューアルし、モダンで明るい銭湯に生まれ変わった。シンボルカラーはオレンジ。「この色は、お客さまの心と体を癒やす温かな湯と太陽をイメージしたものです」と、話すのは3代目の幸田日出一さん。

 店内は白を基調とした清潔感あふれる空間で気持ちがいい。浴槽には、ぬるめの温度に設定された“高濃度炭酸泉”がある。「弱酸性で保湿力もあり、入浴後の温感も長く続く肌に優しいお湯です」と、幸田さん。ほかに、疲労回復や代謝促進などに効果的な“人工ラジウム泉”と18~20℃に設定された「水風呂」もある。

 3階のテラスに設置された名物の“露天風呂”。フロア全面が木に囲まれた個室空間で、まるで温泉旅館にいるような気分に浸ることができると好評だ。露天風呂は一週間ごとに男女が入れ替わる(本日の露天風呂はホームページで確認)。

 サウナもあり、タオル大・小付きで別途300円。浴室には、備え付けのシャンプーやボディーソープなどはないが、持参しなくてもフロントで販売している。ドライヤーは、3分10円なので、小銭は用意しておいた方が便利。

 ■東京都目黒区上目黒1の6の1 03・3463・9793 東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅の正面出口から東急ストア方面へ徒歩3分。営業15~24・30(朝風呂無し)。不定休。料金大人(12歳以上)470円。

関連ニュース