記事詳細

【男盛りはこれからだ!!60代元気の秘訣】歌手・渥美二郎さん 30代で末期がん…手術後にハワイ公演強行 (1/2ページ)

 ベテラン演歌歌手、渥美二郎さん(67)が歌う大ヒット曲「夢追い酒」は、いまもカラオケの定番。胃がん闘病からの不死鳥のような復帰で、ファンを勇気づけてきた話は有名です。

 「16歳の頃から流しで歌ってきて歌手生活50年。これほどの長い間、歌を続けてこられたことは本当に幸せだと感謝しています」

 37歳の時のこと。東京・新宿コマ劇場での1カ月公演を控え、体調管理として受けた病院の検査で予期せぬ宣告が…。

 「末期のスキルス性胃がんでした。とても信じることができず、慈恵医大病院を受診しました」

 スキルス性胃がんは早期発見が難しく、5年生存率7%未満。間違いかもしれないとセカンドオピニオンを待ちました、

 「やはり同じ診断結果でした。『あぁ、こんな人生ってあるのか』と相当落ち込みました。『かなり難しい手術になる。覚悟してほしい』と」

 同意書にサイン。たとえようもない気持ちに襲われたそうです。

 「もうだめか、と何度も思いました。手術に臨み、胃だけでなく脾臓も全摘しました」

 手術は成功。術後の不安に打ち克ち、回復できたのは「歌」への情熱があってこそでした。

 「とにかく元気になって歌いたい、という気持ちが強くありました。11月に退院して、実は手術前から決まっていた1月のハワイ公演を強行しました。最初、主治医に止められましたが、『これで最初で最後かもしれない』という僕の気持ちを理解してくれたんです」

関連ニュース