記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】新橋・鳥繁が手がける「どんぶり子」で味わう正しい丼の食べ方 (1/2ページ)

★絶品必食編

 例のアレのせいで、都心の飲食店がガラガラだ。地方も厳しいが、日常とのギャップという意味では東京も相当キツイことになっている。

 というわけで、本日紹介するのは新橋駅西口に本拠地を置く焼鳥店『鳥繁』の丼専門業態、東京駅地下にある「どんぶり子」である。

 嘆かわしいことに、最近、丼の味わい方を知らない人が目につく。着丼すると、箸には見向きもせず、さじを手に取り、ちょこんと丼のアタマ(具)を食べ、その後、ごはんも含めてモグモグ…。

 ドンッ!(机を拳で叩く音)

 なんともったいない! そんな食べ方で、丼が旨くなるわけがない。丼とは、丼のフチを噛みちぎらんばかりの勢いで大口を開け、一体となったアタマとめしをざばざばとかっこむものだ。

 「どんぶり子」の「わがまま二色丼」もそう。白飯の上に南部赤鶏のあら挽きそぼろと、香ばしく焼き上げられたもも肉がぎっしり敷き詰められている。さじなどで上品に食べている場合ではない。

 まずは丼を持ち上げ、手前のそぼろを土台となる白飯ごとザバッとかっこむ。間髪入れず、もも肉の炭火焼きを箸でつまんで、口へと放り込む。あとは混然一体となった味わいを咀嚼していくのみ。

 もも肉がまとう炭火の香りが鼻に抜け、噛みしめるたびにそぼろ一粒一粒から味が染み出し、コメの甘みが前面に出てくる。ちまちま食べても、この醍醐味は味わえまい!

関連ニュース