記事詳細

【Youtuberスーツの旅行記】日帰りでハワイ旅行! 真珠湾やワイキキビーチも (1/3ページ)

 ハワイはリゾート地として有名ですが、日本から行く場合時差ぼけがつらいものです。これを解決する究極の方法として、日帰り旅行を思いつき、2018年10月2日(ハワイ時間10月1日)に実施しました。

 JALやANAで日帰り行程の航空券を購入すると、エコノミークラスでも数十万円になるのが普通なので、日帰りとしては割安なハワイアン航空を利用。エコノミークラスの往復運賃は「約11万円」でした。

 日帰りと言うからには0時から23時59分までの旅行にするべきです。行きの搭乗便はハワイアン航空856便。エコノミークラスで眠れるのかは大変不安でしたが、空港で追加の15,000円を支払い、足元の広い座席に変えてもらいました。中央4列掛けを指定し、ほかの3席は空きでした。この場合、横向きにごろ寝して過ごすことも許されています。羽田空港の出発時間は23時55分となっていますので、離陸時刻、すなわち日本を離れる時刻は0時過ぎになります。羽田空港を離陸後すぐに就寝。ビジネスクラス並みの熟睡を達成しました。

 ホノルルには日本時間の7時ごろ到着。ホノルルの時間では正午になっています。帰りの羽田行きまでには約5時間あり、観光するには十分でした。

 入国審査では宿泊先のホテルを聞かれるのですが、私は日帰りですから当然書けません。「One Day Trip」と書いて提出すると、若い審査官に、どうして一日で帰るのかと聞かれました。密輸などを疑われたのかもしれません。「長くホノルルに滞在することは出来ないのですが、ひとりの日本人としてパールハーバーをどうしても見たいのです。」と伝えたところ「Oh...」としみじみした声を漏らし、その後すんなりと通してくれました。」

関連ニュース