記事詳細

【ここまで進んだ最新治療】脳梗塞の再発を予防する心臓カテーテル治療 専門家「薬を止めることができる可能性も」 (1/2ページ)

 年間約20万人が発症する「脳梗塞」のうち、5%(1万人)が「奇異性脳塞栓症」という種類の脳梗塞とされる。通常の脳梗塞は動脈硬化や不整脈(心原性)が原因で起こる。しかし、奇異性脳塞栓症の場合は、心臓の右心房と左心房の間の壁に小さな穴(卵円孔)が開いていることが原因で起こることが多い。

 卵円孔は胎児期に胎盤から血液を胎児の全身に送る穴で、生後自然と閉じるが約4人に1人は残るとされる。卵円孔があっても9割の人は問題ないが、脳梗塞の原因になり得るのだ。その奇異性脳塞栓症を発症した患者に対して昨年12月、卵円孔を塞いで再発を予防するカテーテル治療が保険適用になった。

 これまで約10人の患者に治療を実施している東邦大学医療センター大橋病院・循環器内科の原英彦准教授が説明する。

 「奇異性脳塞栓症は、脚や骨盤の静脈にできた血栓が脳血管を詰まらせる脳梗塞で、50代以下の若年層にも起こるのが特徴です。通常のエコノミークラス症候群は、脚の静脈の血栓が心臓の右心房から右心室を経由して肺動脈を詰まらせます。一方、奇異性脳塞栓症は右心房に入った血栓が卵円孔から左心房へ入り込んでしまい、大動脈を通って脳血管を詰まらせてしまうのです」

関連ニュース