記事詳細

「テレワークうつ」に要注意! 満員電車のストレスがない一方、パニック・虐待など心身不調も (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、いやが応にも普及が進むテレワーク(在宅勤務)。満員電車のストレスがない一方で、長期化すると心身に負担をかかるリスクもある。精神面のケアにも気遣う必要がありそうだ。

 「在宅勤務って集中力をキープするの難しい」「家に帰るっていうメリハリがないからむしろ業務時間が延びる」

 ツイッターには、こうした投稿がある。

 テレワークのデメリットについて明星大学准教授の藤井靖氏(臨床心理学)は、「仕事で何気ない雑談がなくなり、コミュニケーションが減るほか、サボっているのではないかと思われるとの懸念もある」と指摘する。

 在宅勤務なのに家にいられない「在宅困難者」という現象もある。

 「誘惑に負けてプライベート空間で仕事をする気になれなかったり、子供の面倒を頼まれて仕事がストップしてしまうこともある」(藤井氏)という。

 在宅勤務が心身に不調を来すきっかけになることもある。心療内科医で、ひめのクリニック院長の姫野友美氏は、「緊張感がなくなると神経伝達物質のノルアドレナリンが分泌されず、集中力や判断力の低下、競争心の欠如を起こしやすい」と指摘する。

関連ニュース