記事詳細

【大人のお取り寄せ】なれずし好きが高じて商品開発 「新しいなれずし」(千葉)

 千葉県多古町で無農薬米作りと加工品販売に取り組むのが、若草農園。北海道出身の園主が出版社・居酒屋・酒蔵などを経て米農家になったことで生まれた「新しいなれずし」がひそかに人気だ。

 これは、新鮮ないわしをご飯と合わせて1カ月以上醗酵させたもので、爽やかな香りの酸味と濃厚なうま味を併せ持つ。

 幼い頃からなれずしが好きで、出版社の営業で全国のなれずしを食べ歩き、居酒屋で魚のさばき方を習得。酒蔵で乳酸菌発酵の伝統技術を学び、いざ自分が育てた米を使って加工品を作ろうとした際、自然となれずしに結びついたという。

 寿司のルーツで発酵食品の傑作のなれずしが、身近に楽しめる一品だ。

 「半解凍状態で刺し身のように切り、約5分おいて解凍したらそのままご賞味ください」(同園)

 6袋セット(半身6枚入り)3240円(税込)。送料別。

 【問い合わせ】 若草農園 0479・75・8056

 千葉県香取郡多古町西古内349

 https://wakakusafarm.thebase.in

関連ニュース