記事詳細

【ぶらり、ぶんがく。本と歩く】渡良瀬遊水地の広々した風景に癒やされるも… 城山三郎『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件』 (1/2ページ)

 ■茨城県古河市 田中正造翁遺徳之賛碑

 外出自粛が続く。印象に残っていた場所のことを描いた本を、巣ごもりの機会に読んでみた。「本と歩く」じゃなくて「歩いてから本」だが、時節柄ご理解を。

 昨年の晩秋、取材で茨城県古河市を訪ねて、渡良瀬遊水地を巡った。広々とした水辺の風景に癒された。地元の男性に、いい場所ですねえ、と何気なく話したら「なかなか複雑でね」と困ったような表情になった。「私ら、子供のころに田中正造さんのことを教えられているので…」。そうだった。ここには村が沈んでいる。

 明治時代、足尾銅山の鉱毒で周辺の町村が深刻な汚染に見舞われた。日本初の公害問題の救済に奔走したのが衆議院議員だった田中正造。「真の文明は山を荒さず、川を荒さず、村を破らず、人を殺さざるべし」という名言で知られる。遊水地を見渡す渡良瀬川の土手に立つ「田中正造翁遺徳之賛碑」には、正造が明治天皇に直訴状を掲げるシーンが彫られている。

 経済小説の泰斗・城山三郎(1927~2007年)が著した本作品には、直訴の場面はない。遊水地建設のために強制破壊された谷中村に居を構え、残った村人を救おうと活動した正造の最晩年の姿が描かれる。

 〈辛うじて、その毒をまぬがれた十九戸が、いま仮小屋に夜露をしのぎ、未曾有の侮辱虐待に耐えている。しかも、先刻御承知の通り、この瀕死の重病人を県や国家は寄ってたかって水底に沈めようとしている〉

関連ニュース