記事詳細

【薬ものがたり】元気をつけたいけれど、糖分やカロリーが気になる人に 「キューピーコーワαゼロドリンク」(興和)

 日頃の疲れにドリンク剤を活用する人は少なくないが、健康意識の高まりから糖分やカロリーを気にする人が増えてきた。元気をつけたいけれど糖分やカロリーが気になる。そんな人々に支持されているのが、今年4月に発売された「キューピーコーワαゼロドリンク」(指定医薬部外品)。「オキソアミヂン」と「エゾウコギ」の2種類の滋養強壮生薬をはじめ、3種類のビタミンB類、タウリンを配合し、糖類ゼロを実現している。

 「ご好評いただいている『キューピーコーワαドリンク』と同じ有効成分で、糖類ゼロになった商品です。カロリーも控えめで、糖分やカロリーを気にされている方に好評です」(興和)

 錠剤の元祖「キューピーコーワ」は、“クオリティ”と“パーフェクト”のコンセプトの下、1954年に発売された。当時の社会背景は栄養不足で、ビタミン類を補うのが目的だった。その後、時代に応じてさまざまな疲れに対応した「キューピーコーワ」ブランドの商品が登場した。

 日々の溜まった疲れなどに対応した錠剤とは異なり、「今、その疲れに即効1本」をコンセプトにした「キューピーコーワαドリンク」も誕生。そして今回、「糖類ゼロ、低カロリー」の「キューピーコーワαゼロドリンク」を開発したという。

 「キューピーコーワブランドは、みなさまの疲れに寄り添うブランドです。それぞれのニーズに合わせた商品を提供し、健康な暮らしに貢献していきたいと思います」と担当者は話す。

関連ニュース