記事詳細

【人生100年時代 これから、どうする】介護施設が軒並み休業…不測の事態に備えを 「人生100年時代」のリスクヘッジ (2/2ページ)

 このような突発的なことはまま起こりうると考えて備えなければならないし、親や家族の介護に必須な介護保険などから得られる各種サービスもひとたびことが起こった際に無力化してしまうことを知っておくべきである。

 だからこそ、「人生100年時代」は自ら学び、備えることが重要なのだ。お金のことだけでなく、介護保険や介護施設のこと、得られるサービスやかかる費用のことなどもしっかりと頭に入れて備えておくことが、人生100年時代の最大のリスクヘッジである。

 ■老後のお金など「オヤノコト」相談員がアドバイス

 筆者の大澤尚宏が代表を務めている「オヤノコト」では、老後のお金や老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの選び方、相続などについて、読者からの相談を個別に受け付けます。オヤノコト相談員がアドバイスします。

 相談料は5000円。ご希望の日時に都内会議室で相談員との面談を設定します。相談したい方は、夕刊フジ編集局「オヤノコト」相談係(ファクス03・3231・2670またはメールoyanokoto@fujinews.com)までご連絡ください。

 ■大澤尚宏(おおさわ・たかひろ) オヤノコトネット(www.oyanokoto.net)代表取締役。1995年に日本初の本格的バリアフリー生活情報誌を創刊。2008年、「そろそろ親のこと」をキーワードにオヤノコトネットを創業し、「高齢期の親と家族」に関わるセミナー講師や企業のマーケティングアドバイザーとして活躍している。近著は『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)。

関連ニュース