記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】拒絶しないで…意外と美味! 「ジャンボマッシュルームのバターソテーあおさがけ」 (1/2ページ)

 皆さん、いかがお過ごしですか?

 青島美幸です。

 「ご機嫌」という言葉は使えませんでした。「機嫌がいいわけねーだろう」って感じですよね。

 今回は「ジャンボマッシュルームのバターソテーあおさがけ」です。

 少し厚めにスライスしたジャンボマッシュルームをオリーブオイルで炒めて、軽く塩コショウした後にバターで香りづけして最後にあおさを振りかけてみました。

 ジャンボマッシュルームに「あおさ」をかけるなんて、と拒絶されるかもしれませんが意外とおいしかったです。

 マスクより手洗いが有効というので私は手を洗ってばかり。

 せっけんの消費量が多くて多くて、昨日、新しいせっけんを出しました。

 このせっけんは手だけではなく顔も洗えるという優れものなのだそうで、早速顔を洗ってみました。

 そしたら、これがやたら泡がたつタイプで、なかなかヌルヌルが落ちません。

 せっけんはお水よりもぬるま湯の方が泡切れは良いらしい。

 ならばと、ぬるま湯に変えてワシャワシャ洗いました。

 それでもヌルヌルは取れません。

 意地になって洗っているうちに顔がパサパサに。

 「ダメだ。こんなことしてたらシワになってしまう」

 ふと気づくと私の手がせっけんでヌルヌル。

 なんだ「なすりつけっこ」してたんだ。

 手についたヌルヌルを落とすと顔のヌルヌルは簡単に取れました。

 そういえば、先日、美容院でシャンプーをしてもらったら、かぶれちゃったんだ。

 「シャンプーさせていただきます。こちらにお座りください。椅子を倒させていただきます。お湯加減はいかがですか」と過剰に親切。

 私は熱めが好きなんだけど言えない。

 「お痒(かゆ)いところはありませんか」

 痒いなんて絶対言えない。

 「お気持ちの悪いところはありませんか」

 すすぎ足りないけど我慢我慢。だって、恥ずかしいんだもん。

 でも、あの時の美容師さんの手はヌルヌルだった。

 かぶれるほどなら、まずはあの手のヌルヌルを落としてもらえばよかった。

 何事も元を絶たなきゃダメなんだわさッ。でも、言えな~い。

関連ニュース