記事詳細

【お酒を楽しむ】どんな食材にも合い上品かつ繊細な万能ワイン「バイ・オット・ロゼ」 (1/2ページ)

 気楽に楽しめるフレンドリーさや、食卓を彩る華やかさ、そんな魅力たっぷりのロゼワインが大好きです。エノテカに入社してすぐの頃、親しみやすさがありながらも、これまで味わったことのないほど上品で繊細なロゼと出会いました。それがロゼワインの産地として有名な、フランス、プロヴァンス地方の歴史ある生産者、ドメーヌ・オット★が造る「バイ・オット・ロゼ」です。

 初めて飲んでみたきっかけは、実はそのぽってりとしてかわいらしいボトルに惹かれて。いざ飲んでみると、上品な酸味と果実味に加えて、苦味や複雑さも感じられ、かわいらしいというよりは、繊細でエレガントな味わいに衝撃を受け、好きになりました。

 もともとロゼワインの魅力にハマったのも、大学生の時に行った、フランス、パリへの1年間の語学留学での経験からでした。フランスの夏は日没が午後9時頃。遅い時間まで明るいこの時期には、学校が終わった後に友人と一緒にロゼと簡単なおつまみをスーパーで買って、よくピクニックをしていました。現地では日常的な場面ですが、これまでワインの魅力を知らなかった私にとってはすごく新鮮で、またワインを一緒に楽しむことを通して現地の友人とより仲良くなれたことからも、とても印象深く覚えています。

関連ニュース