記事詳細

【男盛りはこれからだ!!50代元気の秘訣】トレーニングはハードルを低くすることが続けるコツ DJ OSSHYさん (1/2ページ)

 親子ディスコや高齢者と楽しむシルバーディスコなど新しいディスコ文化を作り出してきたDJ OSSHYさん(54)。自粛期間中も活動再開に向けたトレーニングは日課だったそうです。

 「緊急事態宣言前はジムに行っていましたが、休業となってからは、自分でトレーニングのメニューを考えました。ラジオ体操→ウオーキング→太極拳→気功→腕立て伏せ→腹筋→縄跳び→スクワットを週6日、毎日行っています」

 日課は、生活のメリハリになります。

 「1カ月ではあまり変わりませんが、2カ月目に大きな変化がありました。なんと腹筋や背筋などしっかりと筋肉がついてきたのです。トレーニングは続けることが大切だと実感しています」

 正に継続は力。継続するコツがあるそうです。

 「ハードルを低くすることが続けるコツなんです。3分間のラジオ体操から始め、ウオーキングも最初は近所の公園まで。『まだできるな』というところでもその日は無理をせず、翌日からまた少し増やしていく。そうしているうちに全てのメニューを少しずつ長い時間できるようになりました」

 新しい出会いもありました。

関連ニュース