記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】“都会の癒やしの湯”をテーマにリニューアル! 東京・新宿「新宿 万年湯」

 新大久保の路地裏にある静かな湯。創業は1961(昭和36)年。「2016(平成28)年8月に、“都会の癒やしの湯”をテーマにリニューアルしました」と話すのは、三代目の武田信玄(のぶよし)さん。

 玄関、ロビー、脱衣場などに木を取り入れた和風のデザインで統一されている。浴室正面の壁面には、鶴のモザイクタイルがはめ込まれみやびな雰囲気に。建築家の今井健太郎さんが手掛けたスタイリッシュなデザインは、老若男女に人気を呼んでいる。

 湯船には、座風呂、電気風呂を設置。その隣には、約44℃に設定された高温風呂があり、超微細気泡が毛穴の汚れまで落とすのに効果的といわれる「シルク湯」が導入されている。40℃前後に設定した中温風呂や水風呂、立ちシャワーもある。子供から大人まで、自分好みの湯船で満喫できる。

 湯は浴槽、蛇口のすべてに、肌にやさしい軟水が使われているのもうれしい。

 無料のボディーソープ、リンスインシャンプーやフェイスタオルの貸し出しもあるので、ふらっと立ち寄ってみては。

 ■東京都新宿区大久保1の15の17 03・3200・4734。JR山手線新大久保駅より徒歩約5分。営業15~24。土休。料金大人(12歳以上)470円(貸しフェイスタオル1枚込み)。

関連ニュース