記事詳細

【週末、山へ行こう】アフターコロナの山歩き・準備編 宣言解除は終息ではない「新しい登山様式」を考えよう (1/2ページ)

 緊急事態宣言が解除された。外出自粛要請や施設の使用制限も段階的に緩和されている。「コロナが収束したら登山を再開しよう」と思っている人も多いだろう。とはいえ、決して「終息」しているわけではない状況下、感染リスクの軽減を踏まえた「新しい登山様式」を考えていく必要がある。

 登山そのものは、開放的な自然の中で体を動かす、心と体の健康に良いアクティビティなので、今後もぜひ続けていきたい。今後の登山で意識していきたいこと、注意事項を、2回に分けて挙げていく。今回は準備編。

* * *

 ●自分の住まいと山域の基準に従う

 県内の移動はOK、県をまたぐ不要不急の移動は慎重に、など外出自粛緩和のステップは地域により異なる。現状の緩和のスケジュールも、感染者が増えれば変更となる可能性もある。自分の居住地と、行きたい山の市町村の基準を確認しよう。「来訪はお控え下さい」とある場合は、OKになるまで待とう。

 ●山域の情報を収集

 登山道や、登山口までの交通機関(電車やバス)の状況を確認しよう。コロナ感染による外出自粛の影響でバスの路線が運休・減便している場合がある。登山道については、昨年の台風の影響などで通行止めになっている場所もあるので、通行止め、通行規制の区間がないかの確認をしておきたい。

関連ニュース