記事詳細

【ここまで進んだ最新治療】「高齢者てんかん」を発見するビデオ脳波モニタリング 発作中はけいれん伴わず認知症と間違えやすい (1/2ページ)

 あまり知られていないために、病気であることに気づかないまま、適切な治療を受けずにいる人が多いのが「高齢者てんかん」だ。「てんかん」というと、「子供のときに発症する病気」「けいれん発作を起こす」といったイメージが強い。しかし、主に65歳以降に脳の老化で発症する高齢者てんかんは、けいれんを伴わない目立たない発作が特徴。そのため周囲の人も気づきにくいのだ。

 東京女子医科大学東医療センター・脳神経外科(てんかん外来)の久保田有一講師が説明する。

 「高齢者てんかんの発作は、突然意識を無くし動作が止まります。同時に多くの場合、口をもぐもぐさせたり、体をゆするなどの無意味な動作を繰り返す『自動症』が見られます。そして1~2分たつと何事もなかったように戻ります。しかし、本人は発作中の記憶はなく、周囲と話がかみ合わないなどから認知症と間違われやすいのです」

 “何かおかしい”と家族に連れられ病院を受診しても、認知症との鑑別は難しい。高齢者てんかんは一種の脳の老化現象なので、MRIなどの検査をしても脳に異常は見つからない。それに家族から聞き取った症状が認知症初期の「まだらボケ」に似ているため、認知症と診断されてしまうことが多いという。

 また、てんかんを疑った場合では、通常では脳波検査が行われる。しかし、脳波に異常が表れるのは発作が起きている間だけなので、外来で高齢者てんかんが見つかる確率は40~50%と低い。

関連ニュース