記事詳細

【グルメ東西自慢】牛肉がサクサクで大満足! 東京・人形町「ビーフかつれつ そよいち」 ワンコイン以下の“絶品”台湾グルメ 大阪・玉造「中華アジアンバル 玉造夜市」 (1/2ページ)

 日比谷線人形町駅A2番出口から徒歩約1分の場所にある、人気の洋食屋。看板メニューは店名にもある「ビーフカツ」。「そよいち」のは牛肉のランプやイチボの部位を使う。塩とコショウで下味をつけて、細かいパン粉をまぶす。ラード100%の油を使い、高温で1分弱揚げている。

 1枚ずつていねいにスジ切りがしてあるので食感がいい。サクサクとかむたびに、凝縮された牛肉のうま味が口の中に広がる。「ビーフカツ」のハーフサイズ(写真手前)は60グラムで1150円。つけ合わせにキャベツとマカロニサラダが付く。フルサイズは120グラムで、おかわり自由のライスと特製豚汁が付いて1900円。

 もうひとつの看板メニューが「ポークソテー」(おかわり自由のライスと豚汁付き1900円)。200グラムの厚切り豚肩ロースで作るボリュームのある逸品。ニンニク入りのバターしょうゆソースは風味が増しパンチのある味になるが、ニンニク抜きにもしてもらえる。

 小皿料理は、甘酸っぱいアメーラトマトを使った「トマトサラダ」(同左、450円)のほかに、「コロッケ」や「胡瓜の梅マヨ」(各350円)などもある。カウンター席で女将(おかみ)が手際よく仕事をする姿を眺めながら料理を待つ時間も、揚げたてを食べる時間もまさに至福のひとときだ。

 ■東京都中央区日本橋人形町1の9の6。03・3666・9993。営業11~14、17・30~20。日月休。

関連ニュース