記事詳細

【ベストセラー健康法】ストレスと食事の関係 「1杯のダシ」で糖質の量を減らせる (2/2ページ)

 ドカ食いのきっかけとして意外に多いのが、慢性的な肩こりだという。肩周辺がこり固まっていると、糖質をとって心身のバランスをとりたくなるからだ。しかし、糖質を一気に食べて血糖値が急上昇すると、バランスをとるために血糖値を下げるインスリンが分泌される。この作用で血糖値が急激に下がると今度は低血糖状態となり、生命の緊急事態を脱するためにまた糖質を欲すという悪循環を繰り返すのだという。

 では、こういった糖質依存を脱するにはどうすればよいのか。その一例として、工藤氏は「ダシを1杯ゆっくり味わって飲む。これだけで糖質の量を減らすことができます」と語り、かつお粉などを使った特製のダシの作り方を本書で解説。また、胃腸の状態は舌に顕著に表れることから、腸内環境を舌によってチェックする方法も紹介している(別項)。

 「体調の改善のみならず、心も前向きになれると好評です。漢方の考え方を踏まえた推奨レシピや食材で、本当に心身の症状が改善するのでびっくりしますよ」(編集を担当した山本浩貴さん)

 タイプ別の食事術は、身近な食材を使ってすぐに実践できるものばかり。自分のタイプを知り、ストレスがたまりがちなこの時期を乗り切るのに役立てたい。(井田峰穂)

 ■舌で腸内環境をチェック

 □舌の表面がひび割れている→お腹の水分不足、便秘(舌先が赤ければ強いスト レスによる便秘)

 □舌苔がボロボロ→血流不足、食べすぎ、飲みすぎ

 □舌苔が厚い、中央に亀裂がある→胃腸機能の低下、下痢

 □赤い斑点、ブツブツ→精神面の不調、免疫力低下

関連ニュース