記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】よく噛んで仕事効率アップ! BE-KIND『メープル ペカンナッツ&シーソルト』 (1/2ページ)

 自宅作業など他人の視線が気にならない環境で仕事をしていると、なぜか口ざみしくなってくるのが不思議です。会社のデスクで仕事をしている際は、お茶だけで過ごせたものが、自宅作業になった途端、用もないのに冷蔵庫をのぞいてみたり、ちょっとしたものを作業の合間につまんでみたり。このようなことがこの数カ月であった方も多いと思います。

 口ざみしさを解消するには、「口ざみしくない食べ方」つまり、「よく噛む食べ方」をしておくのが一番の方法です。

 食事の際によく噛むためには(1)食材を大きく切る(2)丼ではなく、定食スタイルにする(3)切り方など食感を変える(4)味に変化をつける(5)薄味を意識する-といった方法があります。

 間食にちょうどいい「よく噛めるもの」といえば、するめなどの乾きものがあります。多少匂いが気になりますが、自宅であれば迷惑をかけることはありません。小魚スナックやナッツ類も良いでしょう。食べる際は、少量を口に入れ、顎を動かし噛むことを意識します。実は「噛む」という動作は、脳に刺激を与え、ストレスケア、集中力を増す、記憶力を上げるなど仕事効率を上げる要素が詰まっています。

 小魚やするめもいいけど、甘いものが食べたいという方に、ぴったりの噛むお菓子を発見しました。

 BE-KIND『メープル ペカンナッツ&シーソルト』(コンビニで税込246円で購入)です。ナッツを甘く固めたバーのようなお菓子です。袋には、「素材まるごと、食物繊維が豊富、低GI、人工甘味料/着色料不使用、素材由来のたんぱく質」とこだわりが書かれています。

関連ニュース