記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】「和牛」ブーム来るのか? 期間限定1杯1万円超えのお味は… (1/2ページ)

 今回は偶然同じ日に重なった2軒の「高級和牛ラーメン」の紹介。まずは当欄でも紹介したことのある「WAGYU JIRO」(六本木:店舗名は「MAHI NO MASHI」)と久留米の人気店「モヒカンラーメン」のコラボ。

 牛と豚のコラボで1日限定。スープは牛と豚のブレンドで丼にはそのスープと麺だけが入った素ラーメン。麺は博多風の極細麺。さらに別皿で高菜と和牛、骨付きカルビがたっぷり。替え玉、替えスープ、替え高菜が無制限で税込1万1000円。

 牛肉が素晴らしく、それだけで売価の9割くらいの価値があるのでは? と思えるお肉たち。そしてビックリするほどおいしかったのが高菜。牛脂をまぶし特別なタケノコを加えた物。ご飯も欲しくなった。この高菜や骨付きカルビの食べ終えた骨をスープに入れてゆっくり食べると味が変わっていくという仕掛け。スープも麺もお見事だった。

 スタッフによるイベント的なパフォーマンスとしての盛り上げもあり、楽しくおいしいひとときだった。今後も定期的にいろんなイベントを仕掛けていくらしいので、それもまた楽しみである。

 次は2011年の創業以来、いろんな限定メニューを出している「SORANOIRO」(麹町)。これまた偶然だがどちらもアルファベット店名というのも面白い。こちらは米沢牛を使った「いきなり牛チヒ郎」というメニュー名で2日間限定の完全予約制。店主が宮崎千尋さんなのでメニュー名は「二郎風」というところと名前から来ている。

関連ニュース