記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】迷ったら二者択一で、より良い食材を選ぶ! 朝食、ランチ…効果的な食薬の取り入れ方 (2/2ページ)

 ■効果的な食薬の取り入れ方

 食事については、毎日選択の連続だと思います。そこで、二択形式で紹介していこうと思います。

 【朝食】パンかお米なら、「お米」。コーンスープかみそ汁なら、「みそ汁」。ポテトサラダとキャベツのサラダなら、「キャベツのサラダ」を選ぶ。

 【ランチ】パスタランチか定食なら、「定食」。唐揚げか豚のショウガ焼きなら、「豚のショウガ焼き」。サンドイッチとおにぎりなら、「おにぎり」を選ぶ。

 【食後】ホットコーヒーかアイスコーヒーなら、「ホットコーヒー」。氷入りのお水か温かいお茶なら、「温かいお茶」を飲む。

 【夕食】フライドポテトかホタルイカの沖漬けなら、「ホタルイカの沖漬け」。グリルソーセージか焼き鳥盛り合わせなら、「焼き鳥盛り合わせ」を選ぼう。

 【おまけ】

 体調を崩しそうなときにショウガ、ニラ、ネギ、バジル、サンショウ、ミョウガ、ニンニク、ワサビ、カレーパウダーなど、いつも食べている豆腐や納豆や大根おろしなどにたっぷり乗せたり、みそ汁に入れたりして取り入れたりするのがおすすめです。

 毎日の食事の積み重ねが丈夫な体を作っています。できることから取り入れてみましょうね。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ。秋田県出身。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著『1週間に1つずつ心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がベストセラーに。おうちで薬膳を手軽に楽しめる「あいかこまち」シリーズ発売中(https://aika-inc.co.jp/)。

関連ニュース