記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】冷めてもうまい駅弁! 肉卸小島の「黒毛和牛低温調理ステーキと焼肉2色弁当」 (1/2ページ)

 ★絶品必食編

 旅の楽しみと言えば、駅弁だが「肉」の駅弁選びはなかなかに悩ましい。というのも、常温の弁当に盛り込まれた肉は、冷めているし、比較的濃い味つけのものが多い。

 だからこそ、冷めていてなお旨く、かつ味の濃すぎない肉弁当は貴重だ。

 JR品川駅構内「エキュート」の「肉卸小島」で販売されている、「黒毛和牛低温調理ステーキと焼肉2色弁当」などはその最たるものだ。

 つやつやとしたごはんの上には表情の異なる2種類の牛肉が鎮座している。

 ひとつは1・2ミリカットの切り落とし肉を網焼きにした「焼肉」。こちらはしっかり火の通った香ばしい味わいで単品での「網焼き弁当」の人気もうなずける、白飯との相性抜群の一品だ。

 そしてもうひとつが、黒毛和牛低温調理ステーキだ。分厚いステーキ肉をじっくりと低温調理器にかけて、ローストビーフのようにゆっくりと火入れをする。

 するとやわらかく、上品なロゼ色の肉ができあがる。噛みしめると、ギュッと肉のジュースがにじみ出る。とても弁当の「アタマ」とは思えない質感だ。

 味も、肉に合わせたやさしい味つけで、身体のあれこれが気になる向きにも実に好ましい。

 「弁当ならもっとガツンと!」と仰る向きには、追加のタレも同梱されている。

 こちらをタラ~リと垂らすと、四角い箱は一気に甘辛い弁当らしい世界へと傾くが、肉そのものを味わうにも最初の1枚は何もつけずに食べていただきたい。

関連ニュース