記事詳細

先端再生医療・幹細胞治療 膝に幹細胞投与「階段の上り下りが楽に」 (1/2ページ)

 ★BTRアーツ銀座クリニック市橋正光院長に聞く

 先端再生医療として期待される幹細胞治療--BTRアーツ銀座クリニックでは、2017年9月に脳卒中後麻痺改善の脳血管障害治療・脊髄損傷後麻痺改善の中枢神経障害治療、同年末に変形性膝関節症治療の認可を得て治療を始めた。現在までに数多くの治療を行い、多くは膝の痛みから解放され歩行も楽になったという。その症例と患者の声をお聞きいただく第3弾。

 【症例(3)68歳男性・Cさん】

 60代から両膝に運動時の疼痛(とうつう)が現れ、走ることができなくなった。平地の歩行では問題はそれほど大きくないが、階段を下りるときに特に痛みが強くなり、手すりを持ってようやく歩く状態だった。

 【Cさんの声】

 「幹細胞を投与してから1カ月ほどたつと、少しずつ膝が軽くなってきました。それまでは階段などでは必ず手すりの近くを恐る恐る歩いていたものですが、今では手すりがなくても大丈夫です。たまに膝が痛くなる日もありますが、気にならなくなってきました」

関連ニュース