記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】サイゼリヤの夏もやっぱり“羊推し” 夏限定の「ラムと夏野菜のバーベキュー」 (1/2ページ)

 ★絶品必食編

 季節メニューにおけるサイゼリヤの“羊推し”が止まらない。

 昨冬に投入した串焼きの「アロスティチーニ」はあまりの人気に提供数を絞り、全国をエリアごとに分けて巡回した後、堂々のレギュラーメニュー入りを果たした。

 この夏限定の羊メニュー「ラムと夏野菜のバーベキュー」も当初はあちこちの店で売り切れ続出。7月中旬頃になって、ようやく安心して注文できるようになってきた。

 サイゼリヤにしては、750円という単価は高く感じられるかもしれないが、実はこの一皿には、玄人ウケする仕掛けが施されている。

 羊の味つけはジンギスカンにも似た甘辛い、こっくりとした味つけとなっている。

 本来のイタリア料理では考えられないが、なじみある味つけでラム肉に抵抗感のある人にも、羊を食べてもらおうという信念が伺える。

 この味つけが適度な厚みでカットされたラムの噛みごたえに実に合う。

 ひと口目はソースの味が前面に立つが、噛み込んでゆくとラムの香りがじんわりと口の中に広がり、気づかぬうちに鼻へと抜けている。

 実に巧妙に味覚に訴えかけてくるのだ。そんな深謀遠慮はつけ合わせの野菜にも忍ばせてある。

 種ごとかぶりつくことができる丸ごとピーマン焼きは、青臭さなど微塵もない。

 バーベキューマニアの間では知られた食べ方だが、飲食店でこの形で提供されることは極めてまれである。

関連ニュース