記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】夏の熱中症予防、塩分補給に大活躍! トーヨーコーポレーション「日本の伝統料理 おでん」 (1/2ページ)

 夏場の水分補給は大切です。真夏になれば、汗をかくので、熱中症や脱水対策のために水分が必要と意識しやすいのですが、湿気の多いこの時期は、気づかないうちに熱中症になることがあります。

 湿気が高いと汗が蒸発しづらいため、体温調整が難しくなり、カラダに熱がこもりやすくなります。また、暑さにも慣れていないため、体温調整機能が働きにくいことも熱中症の原因となります。

 夏の始まりは意識して水分を摂ることが大切です。水分の摂取でおすすめなのは、やはり常温の水。カラダに浸透しやすく、胃腸への負担も少ないためです。カフェインの入ったコーヒーや緑茶などは利尿作用があるため、水分摂取には不向きですし、糖類や脂肪分の多い飲み物ではカロリー過多や血糖値の乱高下が気になります。

 水分補給とは別に、気分転換として嗜好飲料も飲みたいところです。最近は、チルドカップ飲料が人気。プラスチックのカップに入った飲料が密閉され、ストローを挿して手軽に飲めます。

 他ブランドや企業とのコラボドリンク、コーヒー、ラテ、ヨーグルト、タピオカ、スムージー、ジュースなど、たくさんの種類から気分に合わせて選べるので、日常の水分補給とは別に、仕事の合間の間食やデザート感覚で飲めるのも魅力です。

関連ニュース