記事詳細

【ぴいぷる】作家・森見登美彦、底抜けに愉快な青春賛歌を紡ぐ 『四畳半神話大系』にはモデルも実在!? 約16年ぶりに続編刊行 (1/3ページ)

 日本を代表する“青春ファンタジーノベルの旗手”が、新作「四畳半タイムマシンブルース」を刊行した。

 「舞台を活字で小説にしたらどうなるか…。このアプローチは作家として初めての経験でした」

 山本周五郎賞を受賞した「夜は短し歩けよ乙女」や、日本SF大賞受賞作「ペンギン・ハイウェイ」のアニメ映画化が相次ぎ、「次に何を書くのか」と今、最も注目される売れっ子作家の一人だ。

 新作は、京都のアパート「下鴨幽水荘」の四畳半で暮らす京都大学の男子学生を主人公にした小説「四畳半神話大系」の続編。約16年ぶりとなる。

 小説「夜は短し-」と「ペンギン-」のアニメ映画化の際、脚本を担当したのが、京都を拠点とする人気劇団「ヨーロッパ企画」を主宰する劇作家の上田誠だった。

 「新作の原案は上田さん。お世話になりっ放しだったので、今度は私が上田さんの舞台『サマータイムマシン・ブルース』を小説にして恩返ししたかった」と説明する。

 故郷の奈良で高校まで過ごし、京都大学へ進学。「京都のアパートを借りました。もちろん四畳半一間でした」と笑う。

 「作家になろう」と決意したのは小学3年生の頃。「級友の送別会のために、クラスの仲間で紙芝居を披露したのですが、その原作を書いたのが私でした」。以来、創作の魅力に開眼し、中高時代もずっと小説を書き続けてきた。

 京大農学部から大学院へ。理系を選んだのは、「祖父も父も理系のエンジニア。ずっと作家を目指していましたが、せめて大学は理系に進み両親を安心させたかった」と苦笑した。

関連ニュース