記事詳細

【マンガ探偵局がゆく】こっそり読んだあのマンガを探して! 小池一夫・神江里見コンビが中坊を描く「青春チンポジュウム」 (1/2ページ)

 今回の依頼は思い出のマンガ探しだ。

 「中学校時代に読んだマンガを捜してください。主人公は読んでいた当時の僕と同じ中坊(中学生のこと)。ひとりじゃなくて3人組だったはずです。クラスメートのお兄さんが買っていた雑誌をこっそり見せてくれたので、記憶は曖昧です。モテないけど女の子のことが気になってしようがない、という彼らにものすごく親近感を抱き、登場する女の子にちょっぴり恋したことは覚えてます」(57歳・会社役員)

 依頼人が中学3年生なら、1977年前後だろう。そこで、調査対象を当時の青年誌に絞った。少年誌ならこっそり読まなくてもいいはずだからだ。中高生がおおっぴらに青年誌を読むようになるのは、「ヤングジャンプ」が登場した79年ごろから、というのが探偵長の認識だ。違ったらごめん。

 さて、依頼人の探しているマンガだが、77年7月から80年8月まで「プレイコミック」に連載された、小池一夫・原作/神江里見・画の学園コメディー「青春チンポジュウム」で間違いないだろう。同時期には、松本零士の「キャプテン・ハーロック」や吾妻ひでおの「やけくそ天使」も連載されていたので覚えているのではないかと思う。

関連ニュース