記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】群馬県嬬恋村「万座ホテルジュラク」の絶景露天風呂は日本一濃い硫黄泉

 群馬県嬬恋村万座温泉「万座ホテルジュラク」は総硫黄成分が日本一!すなわち日本で一番濃い硫黄泉である。その占有自家源泉は法性(ほうしょう)の湯、ph3.19の泉質は、単純硫黄泉で強い酸性、白濁した湯の入りごこちは思いのほか強くなく、さっぱりながら柔らかい。泉温40度なので加温はしているが、加水循環濾過(ろか)消毒はしない。

 フェンスも塀も目隠しもない「雲海の湯」2つの露天風呂は開放感抜群で、人工物は一切目に入らない絶景温泉そのもの。内湯からの眺めも素晴らしい。

 館内のレストラン「あけびの実」は群馬県の「地産地消推進店」の認定を受けており、ホテルならではのブッフェスタイルの夕食は和洋中50種以上。嬬恋村産のブランドニジマス「ギンヒカリ」のにぎりやイクラ、村内産花豆の煮物、じゃがいものグラタンほか、朝食の「上州麦豚」の肉じゃがも好評。

 眠りとくつろぎにこだわる客室にはシモンズベッドや西川のエアマットレスを導入。大自然での濃厚な硫黄泉入浴を楽しみつつ、プライバシーが確保できる貴重な高原ホテルだ。 (一社)プレスマンユニオン理事/カリスマ温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■万座温泉「万座ホテルジュラク」 群馬県嬬恋村干俣2401。0279・97・3535。平日1泊2食2人1室1万1200円から。詳細はHPで。

関連ニュース