記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】「ぬか漬けポークソテー」に挑戦しよう! 網で炙ったり、フライパンで焼くと口いっぱいに芳醇な味わい (2/2ページ)

 【材料】

 豚バラブロック肉(250グラム)、ぬか床(適量 約100グラム程度)、ごま油適量

 【作り方】

 (1)ファスナー付き保存袋にぬか床と豚バラ肉を入れる。

 (2)冷蔵庫で1~2日漬け込んだら、ぬかを洗い落とす。好みのサイズに切り分ける(やや厚めがおいしい)。

 (3)中弱火にかけたフライパンにごま油をひいて、豚バラ肉を焼く(1センチ厚さなら表裏各3分が目安)。

 焼きのポイントは表面香ばしく、芯までしっかり温め、しかし焼きすぎないこと。

 バラ肉の脂身からにじむ油とごま油の香ばしさをぬか床の酸味が引き立ててくれる。

 ちなみに、生肉を漬けこんだ床で、野菜の漬け込みは厳禁。生肉と野菜の調理道具は、使い分けるのが大人の鉄則である。

 ■松浦達也(まつうら・たつや)  編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

関連ニュース