記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】天然黒湯温泉! 江戸川区船堀「つるの湯」

 江戸川区船堀で江戸時代から続く歴史ある銭湯。サウナや銭湯好きが遠方からも多く訪れる。「創業時は、現在の荒川辺りで湯屋をしていたようですが、その後、現在の場所に移り、60年ほど前に井戸を掘ったところ、黒湯の温泉が湧き出たのだと聞いています」。そう話すのは、10代目となるご主人の中島正悟さん。

 内湯には、白湯のリラックス風呂と電気風呂の浴槽。その隣に黒湯温泉の浴槽。さらに、サウナ(別途300円)の脇には黒湯温泉の源泉をそのまま使用した水風呂が。そして、ドアを開けると、天然黒湯温泉自家源泉100%かけ流しの露天風呂もある。温冷浴で黒湯三昧が楽しめるうえに、天気がよければ昼間は青空、夜は星が眺められる。

 浴室には、高齢者や体の不自由な人のために、カラン・シャワー・鏡を高めに設置した優先席(2席)も用意されている。ボディーソープとリンスインシャンプーもあるが、フロントで各種バス用品も販売している。

 ■東京都江戸川区船堀2の11の16 03・3689・0676 都営地下鉄新宿線船堀駅から徒歩6分。営業15・30~24。水休。料金470円(16歳以上)。

関連ニュース